2007年10月3日水曜日

emacsからbloggerへ投稿するg-clientを試してみる

Emacsからbloggerに投稿したくて、GoogleのAPIを使えるemacsのフロントエンド、g-client
を試してみる。
まずは、g-client.tar.bz2 を落としてきてmakeしたが、g-cus-load.elが生成されなかった。
ので、svn から先端を取ってきてmakeし、~/.emacsにpathを追記した。以下手順。
svn export http://emacspeak.googlecode.com/svn/trunk/lisp/g-client/
cd g-client
make
以下を~/.emacsに追記。
(load-library "g")
(setq g-user-email "gmailのアカウント")
(setq gcal-user-email "カレンダーのアカウント")
(setq gblogger-user-email "bloggerのアカウント")
(setq browse-url-browser-function 'w3m-browse-url)
としたんだが、動かない。どうやらcurlと、elispのnxml-mode を使っているみたいなので、
sudo apt-get install cur nxml-mode
としてインスト。あとemacs-w3mも必要。
M-x gblogger-blog
とすると、パスワードを聞かれるので入力。自分のblogが表示されるので、postlinkのurlをコピー。
M-x gblogger-new-entry
で投稿feedを聞かれるので、ここにペースト。
あとはタイトルを書き、本文を書いて、 C-c C-c すれば投稿に成功していた。
が、いまいち使いにくいな・・・いちいち投稿URLを入れないといけないのかな。
ラベルはどうやって付ければいいのかな。
あとカレンダーが動かないw

1 件のコメント:

cametan さんのコメント...

>が、いまいち使いにくいな・・・いちいち投稿URLを入れないといけないのかな。

何か、w3mのURLコピー機能を使って(つまり、カーソルをPostURLに合わせて"u"を押す)、その後、バッファでC-yしてくれ、との事です。
結構メンド臭いかも(笑)。